2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
プロフィール

Gohan

Author:Gohan
2004~2007年3月まで仙台で小さな英会話教室を運営していました。
2007年4月より夫 婦の故郷である山形県鶴岡市に引越しました。その後生まれた一卵性双子の娘たちとの生活は驚きと喜びの連続!!
そんな娘たちも2012年春に入園。
わたしも第二の生活をはじめるべく英語教室をオープンしました。レッスンネタは別ブログにて。
「くさじま英語教室Ring*Ring(リンリンH.P)」
http://ringring.sitemix.jp/

こちらは育児ブログ専門にしました。よかったら覗いていってね♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
保護者面談 母O
母Sと同じクラスに息子をもつ母Oの話。

彼女はとても若いお母さん。わたしと一つか二つしか違わない。核家族で夫婦共働き。だから、息子のYにはかわいそうなことをしている、といつも気にかけている。だけど、ほんっとうに愛情深い方でYは素直に純粋にまっすぐ育っている。何より優しい。自分が負けても、ほかの人を応援することができる。

母O「いつも思いやりをもちなさい、って言ってるんです。だから人に優しくできる子だっていってもらえるのが一番嬉しい。」

母Oはアルファベットが書けなくても問題ないと言ってくれる。
レッスンに本人が楽しくいっているなら、内容には一切口出ししないとまでいってくれる。彼女はえいごを言葉のツールだと認識できているのがわかる。だからこどもにも「あれやったの?これやったの?ほら、やりなさい。」なんていわない。Yは自立したこどもに育っている。

Yは決して器用な方ではない。だから、OSの入りもあやふやなものがいくつもある。それでもレッスンの度に大きな声でゴニョゴニョいってくれるし、日々成長しているのがわかる。宿題もちゃんとやってくる。もともと器用な母Sのこどもたちと一緒だと自分に劣等感をもってしまうようでかわいそうなんだ、と教えてくれた。

このお母さんはこどもの中身をちゃんと見ていると感じた。レッスンではNLをしばらくしないでリピートをたくさん入れていこうと決めた。そうすればみんな平等にいえるもの。

こどもは大人のやることをきちんと見ている。Yは親が働いて疲れて帰ってくるのをちゃんとわかって、ある日から米をといでごはんを炊いておいてくれるようになったそう。自分からすすんで始めたのだと、嬉しそうに母Oは教えてくれた。小4生の男の子で毎日ごはんを炊いてくれるこどもは、私が教えている子供たちの中でも彼以外いないだろうな☆

こんなYや母Oを出会えて私は幸せだ♪
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。