2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
プロフィール

Gohan

Author:Gohan
2004~2007年3月まで仙台で小さな英会話教室を運営していました。
2007年4月より夫 婦の故郷である山形県鶴岡市に引越しました。その後生まれた一卵性双子の娘たちとの生活は驚きと喜びの連続!!
そんな娘たちも2012年春に入園。
わたしも第二の生活をはじめるべく英語教室をオープンしました。レッスンネタは別ブログにて。
「くさじま英語教室Ring*Ring(リンリンH.P)」
http://ringring.sitemix.jp/

こちらは育児ブログ専門にしました。よかったら覗いていってね♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
よく言った!
●相互台 中学生クラス

 絵本 『Puss in Boots』音読テスト 1人カゼで休み。他の2人は合格!

 verb 原形・過去形 2枚を残して2人で全部読めた。

 BBカード ダイヤ ビンゴ(Q文→OSのリピート)→ 9枚ブラックアウト

       ハート 193(OS→Q文リピート)指示カードでペナルティちゃら。全員が勝ちになってちょっと間が抜けた。

 

夏休み前から「夏休みが開けたら音読のテストやるからね~。」と言ってあった。そして今日のテスト。3人の中で、英語歴が1年先輩のSはカゼでお休み。いつもSに頼っているShとMの2人でのテスト。

G「3人とも合格できたら、いつもよりステッカー一つ余分にもらえることにしようか。」 と提案すると、2人とも張り切った。

そしてテスト。

2人ともテープのようにスラスラとはいかなかったが、なんと合格!
これは私にとってはとっても嬉しいことだった。だって、去年は1年かかっても半分までしか読めなかったんだもの。それが今年は5ヶ月たらずで、全体を大体読めるようにまでなっている。そして、気力のない中学生が一生懸命読んだ。それだけでも私は感動したよ!
たっくさん褒めたあと、「あとは来週のSのテストだね~!」と話していると、ShとMがこういった。

「来週もう一回やろうかな。」

えっ???他のところもチャレンジするの???

本読みなんかコリゴリなんじゃないかと思っていたので驚いた。
けど、やってみようって自分から思ってくれたことが嬉しかった。

G「よしっ!じゃぁ、来週はチャレンジだね!」

ホクホクした気持ちでそういうと、彼らは一瞬不安そうに、そしていたずらっぽい顔をして

Sh&M「来週読めなくても、テストはパスしてるよね??」だって(笑)

今日の頑張りをたたえてパスにしてあげた。
もちろん本音を言えば、もっとスラスラ自信持って読めるようになってから合格にしたいけど。。。。(苦笑)

この子達のお母さんは、同じコトをいう。
「家で全然勉強しないの。」
「いくらいっても聞かないの。」
「自分からやろうっていう気がないのよね。」
「自分からやるのを待ちたいけど、いつまでたってもやらないからついこちらから言ってしまうのよ。」
「いい点とろうとか、次は頑張ろうっていう気持ちがないの。」

自分の子を褒めもしないで、こう言う。

気持ちはとーーーーーーーーってもよくわかる。親だから、こどもにいい点とって欲しいし、がんばってほしい、イキイキしてほしい。だけど、小言ばっかり言ってて、こどもががんばろうって思うわけがないよ。

G「とにかくたーくさん褒めてあげてください。お母さんが嬉しそうな顔をすれば、こどもだってうれしいはず。がんばろうっていう気持ちになりますよ。」

そう強く言ったけど、お母さんたちは半信半疑。テストの点数の話をしている。88点満点の英語で5じゅう何点だった、とかうちは6じゅう何点だったとか。

学校ではテストの順位を公表しないそうな。知りたい人は職員室にいって聞くんだって。わたしたちのときは張り出されたけどなぁ。宿題もでないらしい。自分で勉強する力が育ってないんだ、きっと。運動会では競争させない、なんてところもあるし。いろんなことが重なって、今のこどもたちは気力がない子に育っているんだと思う。だけど、他人のせいにしてばかりはいられない。こどもにとって一番大事なのは家庭。自分の子どもがどんなふうに育つかは、結局のところ親次第なんじゃないかなぁ。。。

今日はずいぶん長くなってしまったわ。読んでくださった方、ありがとうございます☆
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

見ててあげること。
◆めだかファミリーさん

書き込みありがとうe-51
読んでいるだけで心がホクホクしたよ~♪
息子さんは他の誰とも似ていない。
だから、息子さんのめだかさん家ファミリーのペースでいいんですよね。
それに気づいたからこそ、今のあったかい家庭があるんだと思います。
ほんとに読んでていい家庭なんだなぁ~って思いました☆

こどもって親が見ててくれるって思うとほんっと~うにがんばる。
宿題でも、習い事でも、勉強でも、スポーツでも。あれこれ指示したり、教えたりしなくていいのね。ただ「見てるよ」オーラを出すだけで(笑)こどもって鋭いし賢いから、わかるもんなんです。だから親が手を抜くとたちまちにわかってしまう。それが子どもの言動にでる。
わたしはまだお母さんではないけれど、生徒達からたくさんのことを学ばせてもらってます(^-^)

音読のテストは、こどもによってはおおきな壁になると思います。でも、このクラスの子達は力量を発揮してくれましたよ(^-^)v


そうでよね。親って大事なんですよね。
私、全身全力で子どもと向き合ってます。
向き合わないといけない事が昔あって。。。
下の子の成長が遅く、それでも私は男の子だし、3月産まれだからとのんびりかまえていたら、発達を促す療育相談にいきなさいといわれ、大大ショック。ある先生には障害児教育をとまで言われ、奮起して早や数年。丁寧な子育てをしています。子どもには窮屈かもしれないけれど、学校の勉強は復習をメインに。簡単に子育てしてる人が多い中、正直疲れちゃう時もあります。悲しいのが、これだけやっても普通の成績よりチョット悪いの。普通が目標の我が家です。そのかわりといっちゃあなんだけど、とっても前向きだよ。運動会の練習も家で見せてくれるし、なんでもやってみようっていう気持ちはある。見つめてあげようって思うんだ。勉強以外のことは寄り添ってるだけで、子どもって親が見てくれてると思うだけでずい分頑張るもんなんだって思って見てるの。
長すぎるコメント失礼しました。
音読のテストって私もやってみようかな。。。
いつもいい刺激ありがとう~


そうなんだよね~。
両親共働きで、こどもと向き合う親が少ない気がする。もちろん働いててもちゃんと向き合ってる親もいるけどね。

学校も結局は上の現場を知らないお偉いさんが勝手に決めたことをいやいやながらも守るしかない。
社会も誰もがよくないとわかってても、政治家が決めたことにいやいやながらも従ってる。
何とかいい世の中になってほしいと思うこのごろなのです☆
踊る大捜査線の青島君のセリフのまんまだよね。
「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだっ!」(^-^;)


こんばんは☆
テストの順位、張り出したって良いだろうにね。
自分の位置づけがわかっていいと思うのですが…。
現場の人々は、ほとんどの人間が順位を張り出したいのに、張り出せない。
現場を知らない文科省のお偉いさんやら、
どこぞの大学教授やらに文句を言いたい今日この頃です。

親と子の関係も、最近希薄ですよね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。