2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
プロフィール

Gohan

Author:Gohan
2004~2007年3月まで仙台で小さな英会話教室を運営していました。
2007年4月より夫 婦の故郷である山形県鶴岡市に引越しました。その後生まれた一卵性双子の娘たちとの生活は驚きと喜びの連続!!
そんな娘たちも2012年春に入園。
わたしも第二の生活をはじめるべく英語教室をオープンしました。レッスンネタは別ブログにて。
「くさじま英語教室Ring*Ring(リンリンH.P)」
http://ringring.sitemix.jp/

こちらは育児ブログ専門にしました。よかったら覗いていってね♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
子の心親知らず

 こども英会話RingRingを運営しているほかに、3クラスだけ某英会話教室の子供クラスを担当しています。今は、面談の時期で毎週1組ずつ面談しています。

 たいていは、レッスンでのこどもたちの様子や、来年度のテキストの紹介をするのですが、昨日のMの面談は違う話になりました。

 3月いっぱいで退会したいとのこと。お話は聞いていましたが、理由はこの日まで聞かずにいました。

 「公文の国語と算数を習っているのですが、どうせなら一ヶ所で済まそうと思って。」

 これがお母さんの理由でした。

 でも、当の本人Mはたった一人のプライベートクラスでありながら、私とのレッスンを毎回楽しんでいました。この日も「おかあさん、お願いっ!続けさせて!!」何度も私の前で頼んでいました。私も「なんとかもう少し続けてみませんか?」と押してみたのですが、「もう公文に入会してしまったので。。」という反応。

 そのときはもう仕方ないな、と思いました。Mはとても悲しそうでした。わたしも彼女のことが大好きなので、あと3回しか会えないと思うととても悲しい気持ちでした。

 家に帰ってもそのことが頭から離れません。ちょっと待って!こどもは辞めたくないっていってるのになんで続けさせてあげないの?Mが公文の方がいいっていうなら、それもわかるけど、要は親の融通なんじゃない?どこで英語をやるのがこどもにとって一番かを考えた結果ではないよね。

 そう思うと同時に、昨日Mの懇願する姿を見ても、意志を変えるつもりのない親なら私が再度何をいってもダメだろうなぁとも思いました。

 やる気があるのに辞めなくてはならないのはMにとってもわたしにとってもすごーく残念だし、悲しいことです。だけど、今となってはあと3回のレッスンを楽しく過ごすことを精一杯やるしかありませんね。

 公文でも英語をがんばってくれるといいな。
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

◆まちかさん

つけたしです♪
その土地の人じゃないってやっぱり大変ですね。田舎であればあるほど。田舎に住んでいるといろんなことに縛られますよね。慣わしとか、しきたりとか。。。私の夫も実家が田舎にあるので、Uターンして同居したら。。。ちょっと不安。。。でも、そういう慣わしとか、人とのつながりとかって今は失われつつあることでしょう?それが日常にあるっていうのもまた、田舎のいいところなんですよね♪


◆まちかさん

そうですかぁ。でもそういった地域ではどんなうわさも広がるのが早いですからね。待つことの方が得策かもしれません。本気で習いたいと思ったら、向こうから連絡をとろうとするだろうし☆
気長に待ちますか♪



いろいろ考えてくださってありがとうございます。お手紙を渡すのは確かにいいんですが、一つ地域的な縛りがあるんです。人口も少なく町中の人が親戚と言っても過言ではないような土地柄ですので、生徒獲得にやっきになっているというような風評が起きないように慎重にことを進めなければ逆効果です。そうした風評が万一たってしまうと、誰も相手にしてくれなくなりますから。だから、都会人の私が自分のやり方を押し通すことはできなくて、でも現状を変えることは必要と感じていて、その辺、周囲の反応を見極めながら進めていかなければならないんです。非常に面倒で異郷にいることを痛感しますが、ここに暮らす以上はそうしていくしかない。というわけで、今の時点ではこれ以上アタックしない方がいいかなと思っています。


◆まちかさん

その人はこどもですよね?
きっと本人も親御さんも、一般的な英語レッスンを想像しているんじゃないかなぁ?
だから、年齢が違うとしり込みする。
BBカードはその点、とっても便利ですよね?縦割りで遊べるんですから♪

電話をしてこないっていうのは、ホントには習う気がないってことなんじゃないでしょうか?まだそこまで気持ちが固まっていないっていうか。。でも、そんなことを私が勝手にきめちゃいけませんよね(^-^;)

では、まずBBカードがなんたるかを知ってもらう必要があると思います。その人がホントに習う気があるなら、お手紙を渡してみるっていうのはどうですか?
間に入ってくださる方にお願いして渡してもらって。勧誘ではなくて、まちかさんのレッスンの内容をしってもらうんです。その上で年齢差は気にしなくていいということを伝えたらどうでしょう?

こちらから電話をするという方法もありますが、私なら、手紙にするかな。何しろ電話が苦手なので(^-^;)学生時代は電話が大好きで、よく長電話したんだけどなぁ~☆


年齢が上の人と一緒のクラス入るのを尻込みする人が今いるんです。今クラスに来ている子どもの知り合いなんですが、まずは電話をと伝えてもらっても、なかなか電話をくれません。電話してくれれば説明してわかってもらえると思うのに、間に人が入っているだけにうまくいきません。ついていけるかどうか...なんて無用の心配しなくてもいいのにって、ひたすら電話を待っている私です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。